スポンサーリンク

海外旅行コロナキャンセル保険。現地空港のサーモグラフィーで発熱反応!

海外旅行も解放に近づいてきています。帰国時の現地で受けるPCR検査について条件付きで撤廃!うれしいことではありますが、国内や海外空港内のサーモグラフィーで発熱反応が出た場合を考えて大手2社のキャンセル保険について聞いてみました。

A社
海外旅行保険に旅行変更費用保険の特約をプラス。
旅行変更費用保険特約がキャンセル保険に相当する。
渡航前日のPCR検査・抗原定量検査で陽性の場合、旅行取り止めにかかわる航空会社や旅行会社(ホテル手配等)の取消料は補償されるとのことでした。ただし同行者の取消しについては該当せず、同行者も取りやめる場合は同じ保険にかけていても取消料の補償がありません。帰国時のPCR検査についても陽性が出た場合本人のみ追加手配の宿泊代・航空券代が補償されますが、同行者は補償されません。

B社
旅行キャンセル保険(出発時のみ適用となる保険で海外旅行保険は別途必要)
渡航前日のPCR検査で陽性が出た場合、夫婦のいずれかであれば夫婦が旅行取りやめた場合は2名分の取消料に対して補償があります。ただし同行者が友人知人の場合補償されません。
保険の範囲も日本出発時のみ適用の保険のため帰国時のPCR検査での陽性が出た場合の宿泊・航空券は補償外となります。

これらのことから、現在取消料が保証され渡航できるのは夫婦等の血縁(保険会社に確認必須)や単独での渡航に限られるものと思われます。
友人知人と旅行に行って友人が陽性となっても同行者の旅行取り止めは補償されず、万が一帰国時の空港内サーモグラフィーにて発熱反応→PCR検査で陽性となれば陽性の方だけ現地に残る(治療・隔離・検査)ということになります。
海外旅行完全自由化とまではいきませんが、いろんなケースも考えて行動しなければなりません。

今回2社への問い合わせとなりましたが、日本出国時・帰国時のPCR検査にて陽性が出た場合の同行者も補償対象となる保険があれば教えてください。

個人手配は自己責任で、少しでも不安があれば少々高くてもパッケージツアーを利用すべきかと思います。

海外旅行へ行くと決めたらサブカードの準備を!

是非、下部SNSシェアボタンクリックお願いいたします。

コメント