スポンサーリンク

『立山黒部アルペンルートなるほどツアー』立山黒部貫光全面協力!


2021年10月2日
約7分の動画です。
コメント・高評価・チャンネル登録お願いします!
YouTube:やすうけ旅ちゃんねる

紅葉の立山黒部アルペンルートなるほどツアーへ行ってきました。
紅葉の様子もピークで、これからどんどん紅葉が降りていきます。
今回は立山黒部貫光(株)全面協力の特別ツアーを企画。
案内の方は職員の方ですが、プロのガイドさんのように案内がうまいのです。(^^♪

スポンサーリンク

立山トロリーバス

立山直下を走る架線から電気を取り電気モーターで走るバスや社名の『立山黒部貫光』の由来の説明を受けました。立山の主峰、雄山(3003m)の直下を貫通している立山トンネルを走る日本唯一のトロリーバス。最大の特徴は、石油燃料ではなく、電車線から電力の供給を受けて走ります。電気で走ることで、トンネル内に排気ガスが滞留することを防ぎ、自然環境保全にも役立っています。トンネル中央の雄山山頂直下付近で、上下線のバスがすれ違います。

立山ロープウェイ

大観峰展望台ではこの付近は雪崩が多いことから対策方法などの説明。なんといても圧巻はロープウェイの点検作業です。動画内でも案内しておりますが皆さん驚きの様子。点検作業については当日の天気やお客様の入込状況等でできない日もあるとのことでしたが、この日は実施していただきました。

次回のアルペンルート動画『こんな日もあります。』でも紹介していますが、ロープウェイ内で流れる案内が天気いいバージョンと天気の良くないバージョンがあります。いつ来ても楽しめますねえ。

大観峰と黒部平を結ぶ立山ロープウェイ。景観と環境保全の観点から大観峰と黒部平の間に一本も支柱がなく、動く展望台として360度の大パノラマを楽しむことができます。大きく取られた窓から、西には大斜面の大観峰、東には後立山連峰の絶景が広がります。

いつもは流れ作業的に乗り物を乗り継いで観光となるのですが、各駅での建物や展示物の案内がありゆったりとして、トロリーバス・ロープウェイの貸切運行など普段のアルペンルート観光では味わうことのできない特別感満載のツアーです。個人ではなかなか参加できませんが、もし機会があれば参加されてみてはいかがでしょうか?

春の雪の大谷は国内外から観光客が訪れるほど有名ですが、短い秋の紅葉は赤・黄・オレンジ・緑と非常に色彩感豊かでロープウェイからの眺めは圧巻! 私は秋のアルペンルートが好きです。

でも夏も涼しいので好きだな。

動画を是非ご覧ください。

前回夏の投稿

是非、下部SNSシェアボタンクリックお願いいたします。